アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

響きの扉を開けた日【O.E.T@7/20"Opening"】

とうとうやってきた。2017年(平成29年)7月20日、渋谷区文化総合センター大和田さくらホール。オーケストラ・アンサンブル東京の結成記念公演。オール・ベートーヴェン・プログラム。当日は予定のプログラムに先立ち、オープニングに指揮者・楽団代表の水野蒼生の指揮で「プロメテウスの創造物」序曲が演奏された。

orchestra-ensemble.tokyo

twitter.com

私は15日から24日まで福岡県北九州市に滞在していたので残念ながら行けず、母を代打に立てた。

その報告によれば客席は8割がた埋まっており、ステージの転換に手間取るなど進行面のもたつきは見られたもののコンサート全体としては良かった。

演奏内容では両指揮者のやりたいことは伝わってきて三重協奏曲の大井駿の弾き振りに好印象受けた一方、後半の交響曲第3番は若干長く感じたと。大曲2本を捌くにはもう少し奏者のパワーとアンサンブルのシャープさが必要だとも。

ともあれ今回は演奏会をきちっと行い、一定の成功収めたのだから万々歳。アーティストの顔ぶれや演奏内容以前に、大和田小学校の跡地という渋谷近辺ではよく知られた場所にある、ほど良いの大きさのホールを選び、ごった煮にせずベートーヴェンの中期作品オンリーのプログラムにしたことが成功の理由。

もちろん課題は当然あるはずだし、あるほどいい。それを洗い出し、先に進めば、日本でよくある「第1回が最高であとは先細り」なんてことは起こらず、逆に御客様から見て「来るたびに新鮮で向上している」団体になる。

次に聴き手と一緒に扉を開ける日が楽しみ。

※文中敬称略