アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

My Favorite Things:朝比奈隆のベートーヴェン【俵孝太郎のintoxicateコラムから】

日本人演奏家紹介のパイオニア

かつてニュースキャスターやクイズ番組「マジカル頭脳パワー」の解答者としてお茶の間でおなじみだった政治評論家の俵孝太郎氏(1930-)はクラシック音楽ファン。単なる趣味に止まらず、日本のクラシック音楽受容史を録音の観点からとらえようと、現在ほど日本のクラシックアーティストの録音や映像が注目されなかったレコード時代に音源をコツコツ蒐集した。コレクションから汲み取ったものは著書『CDちょっと凝り屋の楽しみ方』(絶版だが古本の入手は容易)とタワーレコードのフリーマガジン『intoxicate』の名物コラム「クラシックな人々」に織り込んでいる。このコラムは『intoxicate』が20年以上前に『musee』のタイトルで創刊以来、唯一継続中のレギュラーコーナー。

ニュースキャスター時代の俵氏

nico.ms

ベートーヴェン交響曲全集録音盤のコレクターでもある俵氏2017年8月号(#129)から「クラシックな人々」で日本人指揮者・日本のオーケストラが手掛けたベートーヴェン交響曲全集についてのシリーズを始めた。第1回は朝比奈隆そこで俵氏のコラムを補いつつ、私自身の思いも綴る。

10指に余る朝比奈隆ベートーヴェン交響曲全集録音

俵氏のカウントだと朝比奈隆ベートーヴェン交響曲全集はCD・DVD合わせて11種類。同一演奏のCDとDVDは区別し、最晩年のオクタヴィアの同曲異演2枚組は2種類と数えている。今回はこのカウントに沿って書くので『intoxicate』#129をお持ちの方はpp.58の俵氏のコラムを横目に御高覧頂ければと思う。以下段落冒頭丸囲みの番号は記事中の番号と対応している。オーケストラは断りなければ全て大フィル。

②1977-1978年ライヴ。最初のCD化の際、第5番のみ1982年東京ライヴに差し替えられたが2004年の再発で1977年ライヴの第5番が初CD化された。

朝比奈隆/ベートーヴェン コレクションBOX<完全生産限定盤> - TOWER RECORDS ONLINE

このボックスは廃盤だが受注生産のMEG-CDで個別に入手可能。

朝比奈隆/[Vol.4]ベートーヴェンコレクション - TOWER RECORDS ONLINE

結構荒れ狂った演奏が並んでいてとりわけ3番、5番、7番、9番はインパクト大。

③1985年ライヴ。音響の良いザ・シンフォニーホールでのデジタル録音。演奏、音質ともにハイレヴェル。②と比べるとオーケストラの弦楽器の精度が大幅に向上、曲同士の出来の凹凸が殆どなく、押しの強さと骨格の安定性、細部の見通しのバランスがとれている。なかでも1番、3番、4番、9番は素晴らしい。このコンビを代表する名盤。バラならまだ入手可能。

朝比奈隆/ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 - TOWER RECORDS ONLINE

⑤1988-1989年ライヴ。新日本フィル。評価の高いCD(現在はハイブリッド化されたボックスベートーヴェン交響曲全集)の映像。ただし9番は別テイク(CDの前日)。

新日本フィルハーモニー交響楽団/ベートーヴェン: 交響曲全集(実相寺昭雄 映像監督) / 朝比奈隆, 新日本フィルハーモニー交響楽団, 晋友会合唱団, 他<初回生産限定盤> - TOWER RECORDS ONLINE

⑦1996-1997年ライヴ。演奏はやや淡白。記事下の紹介見るとハイブリッドのボックスがあるように見えるがハイブリッドは2008年のバラ売りのみ(廃盤)。ボックスは2011年の再発でも通常CD。

tower.jp

⑧⑦の映像。朝比奈隆初のDVDだったので当時話題になり、高価にもかかわらず結構出回った。音質、画質は良好。ABCで放送されたリハーサル風景や若き佐渡裕との対談が特典盤としてつく。中古の入手は容易。

⑨2000年ライヴ。初出は前述の同曲異演2枚組のバラ売り。ハイブリッドのセットはバラ売り時代のCD1を軸にゲネプロのテイクも含めて再編集したマスターを使用している。なのでこのチクルスを1番いい形で聴きたければ迷わずハイブリッドのセット。値段も手ごろだし。重厚長大さの中に最晩年の朝比奈隆らしいちょっとした動きがあって面白い。3番、9番は充実の内容。

ベートーヴェン:-交響曲全集:-第1番-第9番-(3-12-2000)----朝比奈隆指揮,-大阪フィルハーモニー交響楽団

なおバラ売りの9番のCD2には恒例のアンコールだった合唱団のアカペラによる「蛍の光」が収録。

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」-朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団

追記

2018年にそれまで未発売だった新日本フィルとの1997年-1998年のチクルスがCD化。

choku-tn.hatenablog.com