アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

老政治家たちの悲しき願い【『金鍾泌証言録』と日韓関係】

日韓国交正常化に尽力した金鍾泌・元韓国国務総理の証言録の日本語版が新潮社から刊行され、その出版報告会に中曾根康弘元首相が出席、挨拶したという。
www.sankei.com
金鍾泌氏は韓国政界有数の知日家。日韓国交正常化の交渉過程で懸案だった日本の経済協力について大平正芳氏と渡り合い、「大平・金メモ」の形で骨子をまとめた。また金鍾泌氏の兄弟が日本で河野一郎氏と密談し、竹島問題に関して「解決せざるをもって解決とする」と決着させている。後年金鍾泌氏は金大中政権でも国務総理に就き、対日未来志向、日本の大衆文化解放政策の実務を担った。
中曾根氏は挨拶で日韓を「一衣帯水」と位置付け、協力関係の発展を呼び掛けた。病気療養中の金鍾泌氏からも文書で関係改善を求めるメッセイジが寄せられた。現状では空しき願いと言わざるを得ない。金鍾泌氏や中曾根氏と首脳会談した全斗煥氏、小渕恵三氏との首脳会談で「過去の清算」の決着を打ち出した金大中氏のような立派な方がおられた頃は話せばある程度分かり合えたが、今や絶望的。
ちなみに中曾根氏は大統領退任後の全斗煥氏が逮捕、収監された際に激励の手紙と防寒具を送った。全斗煥氏は弁護士の前で涙ぐみ、中曾根氏や瀬島龍三氏といった「日本の友人」の話をしたという。罪人に情けをかけた中曾根氏の行動は普通の韓国人には到底理解できまい。