アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

朝比奈隆の新しいベートーヴェン交響曲全集【1997年-1998年チクルスが初発売】

タワーレコードのフリーマガジン「intoxicate」#129のコラムで俵孝太郎氏が朝比奈隆ベートーヴェン交響曲全集を取り上げた。

choku-tn.hatenablog.com

俵氏は既発売の朝比奈隆ベートーヴェン交響曲全集のCD・DVDの全てについてコメントしたが、何と2018年になって新日本フィルハーモニー交響楽団と1997年から1998年に行った全曲演奏会のライヴ録音が初めてCD化される。

1994年の文化勲章受章、1996年の米寿とシカゴ交響楽団客演、そして1998年の90歳にかけてが朝比奈隆の東京での人気の最高潮だった。1995年秋にクラシック音楽を聴き始めた私はこの熱狂を肌で感じた。1997年から1998年にサントリーホールで開催したベートーヴェンチクルスは東京における「朝比奈人気」の頂点を彩るイヴェントだった。

当時朝比奈隆の東京の演奏会はプラチナチケット状態。私は旧知の映画プロデューサーのつてを頼り、通し券の入手に成功した。期待に胸ふくらませて全曲通ったが朝比奈隆としては割合音圧の大人しい演奏が多く正直拍子抜けしたのを覚えている。大阪フィルとの活動はもとより東京では新日本フィルのみならず、東京都交響楽団にも客演と多忙だったのでちょっとセーブしていた印象。また新日本フィルも本拠地完成を挟んで過渡期にあった。ただ2番、4番、5番、7番はなかなかの鳴りっぷりで客席も沸きに沸いた。あれから20年、やはり「田園」はあっさりしていると思ったが他の番号はどう感じるか、楽しみ。

朝比奈隆/ベートーヴェン 交響曲全集 1 交響曲 第1番・第6番「田園」[UHQCD]

朝比奈隆/ベートーヴェン 交響曲全集 2 交響曲 第2番・第4番[UHQCD]

朝比奈隆 指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団/ベートーヴェン 交響曲全集 3 交響曲第3番「英雄」[UHQCD]

朝比奈隆(指揮) 新日本フィルハーモニー交響楽団/ベートーヴェン 交響曲全集 4 交響曲第5番・第8番[UHQCD]

朝比奈隆/ベートーヴェン「フィデリオ」の音楽