アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

図抜けたタッチの多彩さ、強靭で鋭敏な音楽作り【ピアニスト阪田知樹】

現在最も大胆に作品の美の核心を描くピアニスト、それが阪田知樹(1993年生まれ)。

19歳で2013年第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールファイナル進出、2016年にはフランツ・リスト国際ピアノコンクール(ブタペスト国際音楽コンクール)優勝を果たした。

阪田知樹はスコアを徹底解析の上、全体の骨格に留意しながら1音も「流す」ことなく強弱明暗硬軟を吟味して弾き込み、作品の宿すエネルギーと色彩美を千変万化の力感あふれる響きに昇華させる。その引き出しの多さはライヴで接すると息をのむ。

youtu.be

また作曲家でもあり、2018年1月にはサックスの上野耕平とのデュオ作品が話題をさらった。

3/17にJ-WAVEの番組に出演、ギタリストの村治佳織と楽しいトークを繰り広げた。東京・神奈川に住まいの方なら下記リンクから3/24まで後聞きが可能。

http://RINREI CLASSY LIVING | J-WAVE | 2018/03/17/土 20:00-21:00 http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20180317200000

普段はハノーヴァーで研鑽中だが5月に来日公演を予定している。ラザレフ指揮、日本フィルとのシューマンのピアノ協奏曲という聴き逃せない顔合わせも。

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=C4230046

これから100%どんどん注目される逸材なので今からじっくり聴き込みたい。

※文中敬称略。

阪田 知樹|アーティスト|音楽事務所ジャパン・アーツ

twitter.com

スペイン狂詩曲~阪田知樹デビュー!

四月は君の嘘 僕と君との音楽帳

Virtuosity - The Fourteenth Van Cliburn International Piano Competition