アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

タイガー・ウッズの新境地【第147回全英OPで6位タイ】

第2ラウンド後半からショット、パットのリズムが良くなり、第4ラウンドの前半までは10年ぶりのメジャー優勝を初の逆転で飾る勢いだった。残念ながら長くメジャーの優勝争いから遠ざかっていたので末脚のキレがなかった。しかしティショットでうまくボールを曲げてマネジメントするなどベテランらしい味のあるゴルフだった。パワーゴルフのイメイジの強いウッズだが元来ボールを動かす巧さがあるひと。新しいスウィングでテクニックを活かす路線が軌道に乗り、心身のスタミナもついてきた様子。復活優勝は間近だろう。

news.golfdigest.co.jp