アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

ユンディ・リのベスト盤【「ピアノのキムタク」と言われたころ】

https://www.instagram.com/p/BqAP0-2HoHC/

シューマン=リスト「献呈」に出会った盤。懐かしくて今でもたまに聴く。音像との距離感の適切な好録音。#ユンディリ #シューマン_リスト #献呈 #ピアノソロ #ピアノ #ベスト盤 #美メロ #ドイツグラモフォン #ユニバーサルクラシック #cd #セッション録音 #クラシック音楽 #トランスクリプション

20世紀最後のショパンコンクール(2000年)のチャンピオン。当時史上最年少。本ベスト盤で聴ける優勝直後の歯切れのいい指捌きによる端麗な清涼感のあるピアノサウンドは印象的だったし、いま聴いてもいとおしい。いわゆるサビのところのスローダウンが時折パターン化しちゃうのが「若さ」だった。

この後EMIへ移籍、そして近年再びドイツ・グラモフォンにショパンなどを録音。音の骨格が逞しくなり、影も浮かび、表現の引き出しは格段に増えた。2015年ショパンコンクールの審査員にやはり史上最年少で選ばれる栄誉も得ている。

ショパン:4つのスケルツォ/4つの即興曲

ショパン:4つのバラード、子守歌、4つのマズルカ 作品17

ユンディ・リ/ショパン:前奏曲集(全26曲)

ユンディ・リの芸術