アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

※12/28目標達成※内なる声に導かれて【トランペット奏者・田尻大喜が音楽で目指すアフリカ支援】

熊本県出身、小中学校時代の一時期はケニアで過ごしたトランペット奏者・田尻大喜(作曲家としては桃尻大喜名義)。彼が思い出の地、ケニアの子供たちに音楽を届ける事業の実現のため、クラウドファンディングで資金集めを始めた。

readyfor.jp

アフリカ支援の重要性が言われて久しい。一部の国による巨費を投じたインフラ支援が目立つなか、日本人は長年色々な形で地道な支援を行ってきた。文化プログラムもしばしば見かけるなか、田尻のプロジェクトの特色は自身が子供時代をケニアで過ごし、当時あった内面の疼き、そして時を経るなかで湧いてきた身体の内側からの声が背景にあること。例えばメディア報道でアフリカを知って何かを考えた、といったケースとは違う、思想や説得力あふれる言葉が上記リンクの告知文に宿っている。

11月15日のNHK-BS1「国際報道2018」で日本の陸上自衛隊のメンバーが2018APECホスト国パプアニューギニアの軍楽隊を訓練する場面があった。南太平洋の要衝に位置するこの国では地域の国同士による支援競争が喧しい。その中で日本が一見地味だが人々の誇りや自律心を養う方向性の支援を行う姿に心動かされた。

いい音楽を形作るには個人が勝手気ままにパーパーやってはダメでお互い協力したり、時には誰かが日陰に回ったりという過程が必ずある。つまり楽器を持つところから始まって、もしアンサンブルとなればその先に規律心や社会性を育む可能性が拡がる。そうした夢への第一歩として今回田尻が試みるプロジェクトが実現すればいいと思う。是非一度本人の言葉に耳を傾けてほしい。

youtu.be