アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

※2020年3月来日※ズヴェーデン指揮、香港フィル【ソリストに佐藤晴真(チェロ)】

3年前の前回は大阪公演(ザ・シンフォニー・ホール)のみだったが今回は東京公演(サントリーホール)もある。大阪が3月5日、東京は3月7日。
両公演共通のプログラムでワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕前奏曲チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲(チェロ:佐藤晴真)、ベートーヴェン:交響曲第5番
頭と終わりはデ・ワールト、ズヴェーデンとドイツ系レパートリーが得意な指揮者を迎えてきたオーケストラによる名曲ど真ん中演目。
ワーグナー: 楽劇《ニーベルングの指環》 [14CD+USBメモリ]/ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(指揮) 香港フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキーの独奏を務める佐藤晴真は2019年9月にミュンヘン国際音楽コンクール(優勝者を簡単に出さないことで知られる)チェロ部門優勝を果たした逸材。同年12月の紀尾井ホールリサイタルも成功させ、いま1番勢いのあるチェリストだろう。
ぶらあぼ2019年11月号掲載」12月の紀尾井ホールリサイタルに先立って行われたインタビュー(聞き手:飯尾洋一)。ebravo.jp伊熊よし子(音楽評論家)のブログでも取り上げられている。yoshikoikuma.sblo.jp香港フィルの公演詳細はこちら。amati-tokyo.comこちらには佐藤晴真のコメントあり。www.symphonyhall.jp※文中敬称略