アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

創立70周年「耐久王」のしたたかさ【ポルシェ2018ル・マンGTEクラス制覇】

2018年ル・マン24時間自動車レースで市販車に近いLM-GTEクラスは創立70周年のポルシェがPro、Am両クラスを制した。

www.as-web.jp

記念年ということでポルシェはワークス待遇4台のうち2台に特別な塗装を施した。クラス優勝の92号車は1971年大会に出場したピンク色で車体の各所に豚の肉の部位が書き込まれた917/20、通称「ピンクピッグ」と同じカラーリング。御丁寧にもドライバー3人のヘルメット、レーシングスーツまでピンク系に統一した。クラス2位の91号車は1980年代の耐久レースに君臨したいわゆるロスマンズポルシェ(956、962C)を模したもの。この2台のピットにはそれぞれのオリジナル車のイラストが掲げられ、レトロチックに煉瓦の壁紙を張るなどドイツ人らしい細かい仕事ぶりが見られた。

パドック裏のホスピタリティの良さにも定評があるポルシェ。こちらも例年以上に力を入れた様子。

www.as-web.jp

ポルシェは昔からレギュレーション変更の情報を掴むのがうまいと言われてきた。その背景の一つがジャーナリスト経由の情報。日頃から厚遇することで彼らと良好な関係を築き、いざというときの味方につけていたわけ。

考えてみれば創立70周年なのだからLMP1に留まり、総合優勝を狙う手もあったはず。しかしポルシェはトヨタの伸びを見ていわば「勝ち逃げ」でP1から去り、市販車に近いLM-GTEクラス制覇で最大限の費用対効果を得る戦略に出たと推測する。そのためにミッドシップの911RSRの熟成はもとより「ピンクピッグ」復刻など歴史あるメーカーにしかできないメディアやファンにアピールするアイデアを絡めてきた。結局目論見通りのクラス制覇&Proクラスの1-2フィニッシュ。しかも優勝車は「ピンクピッグ」。したたかな実現力に恐れ入る。ピットには昔からオペレーションを担ってきたノルベルト・ジンガーの姿も。やはりビッグレースを制するにはこういう継続性が不可欠。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー逝去【愛しき海千山千のマジシャン】

https://www.instagram.com/p/BkIS9wbhiCF/
読売日本交響楽団名誉指揮者、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーが6月16日に逝去。87歳。このラフマニノフは最高。うまいオーケストラをゆったりしたテンポで自在に操る。極彩色の陶酔。#ロジェストヴェンスキー #ゲンナジーロジェストヴェンスキー #ロンドン交響楽団 #ラフマニノフ #交響曲第2番 #cd #クラシック音楽 #お茶の水博士 #マジシャン
長い指揮棒、お茶の水博士似の風貌。約40年に渡り読響と共演、「ロジェヴェン」と親しまれた。ちょっと胡散臭い雰囲気でひょいひょいと振ってオーケストラと聴衆を自身のペースに巻き込んだ。豪壮でカラフル、ときにユーモラス。ハイドンからシュニトケまで何でもござれ。夫婦揃って作品の聴かせどころをかっさらうのが巧い反面、たまにリハーサル不足が露呈したのは御愛嬌。掴み所のない面白さ。読響との解説付きのコンサートは楽しかった。感謝あるのみ。R.I.P.
日露戦争日本海海戦バルチック艦隊を率いて敗れたロジェストヴェンスキー提督は彼の曾祖父。ロジェストヴェンスキー家は母方の実家。彼の父は名指揮者のニコライ・アソーノフで「2世」と見られるのを避けるため母方の姓を名乗った。

My Favorite Things:石原慎太郎『私の海の地図』【しっとりした内面の声】

https://www.instagram.com/p/BkFotKKBTCN/
美しい写真と共に綴られる海をテーマとした回想エッセイ。長年外洋帆走協会の会長を務めたひとゆえ勇ましい話もあるが文章の基調は静かな心のつぶやき。日本屈指のブルーウォーター派の魂が宿った1冊。「家庭画報」連載の単行本化。#石原慎太郎 #石原愼太郎 #ヨット #航海 #読書 #海の写真 #世界文化社 #家庭画報 #心の声 #人生回顧 #人生の節目 #エッセイ

My Favorite Things:メニューイン晩年のヴィヴァルディ【自由人の境地】

https://www.instagram.com/p/BkDKrRBho5m/
ヴァイオリニスト、メニューインの事実上最後の録音。精度にとらわれず大らかでリラックスした音楽をやっている。若き日のモルクが参加。#メニューイン #ヴィヴァルディ #ヴァイオリン協奏曲 #オーボエ #チェロ #オルガン #ヴァイオリニスト #指揮者 #ポーランド室内管弦楽団 #最後の録音 #emi #大らか
メニューインはいくつかの例外的な機会を除いて75歳頃にヴァイオリン演奏から退いた。このポーランド室内管弦楽団とのヴィヴァルディの協奏曲集がヴァイオリニスト、メニューインが遺した最後のアルバム。音程の不安定さは否めないが壮年期にしばしば見られた力みからくる音の歪みはなく、しなやかで優しい音色を聴かせる。不思議な解放感すら漂う。なおメニューインの提案により創設されたポーランド室内管弦楽団の拡大編成版がラ・フォル・ジュルネでおなじみのシンフォニア・ヴァルソヴィア。

山本浩二『野球と広島』(角川新書)【ミスター赤ヘルの独白】

https://www.instagram.com/p/Bj-K05-B4ej/

帯だけ見ると便乗本に見えるが出版は優勝前年の2015年。解説同様の穏やかな整ったトーンで野球人生とカープに対する愛情を飾らずに語る。津田恒実さん、木村拓也さんのとの挿話は切ない。「キャッチボールの重要性」「監督したい人間の心理」など個々の項は短いが示唆に富む。#山本浩二 #赤ヘル軍団 #ミスター赤ヘル #永久欠番 #8 #読書 #日本プロ野球 #角川新書 #衣笠祥雄 #津田恒実 #古葉竹識 #木村拓也 #広島カープ