アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

My Favorite Things【朝比奈隆のマーラー:交響曲第8番】

1972年6月5日と6日、フェスティバルホール(大阪)で行われた大阪フィル第100回定期演奏会のライヴ録音。

別名「千人の交響曲」。本演奏では実際に千人以上の出演者がステージに上がった。元毎日新聞記者の白石裕史氏が1997年発行の『大阪フィルハーモニー交響楽団50年史』に寄せた随想(「1000人の交響曲」)が当時の雰囲気をよく伝えている。

私が毎日新聞記者時代、音楽の分野で最も長く付き合ったのは大阪フィルだった。通算15年くらいだろうか。その間、指揮者や団員たちとよく飲み、かつ足で書きまくった。その思い出の中で忘れ難いのは、定期演奏会第100回のマーラー「1000人の交響曲」である。

標題が1000人だからといって、必ずしも1000人出演せねばならぬ必要はないが、律儀というか勢いというか、1000人を少々突破してしまった。この辺がいかにも大阪的だ。そのお陰で、楽屋は不足し、合唱団は通路や奈落で着替え、トイレも「客用も使って下さい!」と係員が金切り声をあげる、という超過密ぶり。舞台に居並ぶのにも、10分以上かかっていた。勢揃いできると、朝比奈隆氏が舞台袖に現れ「割りに早かったな。わしゃ、半時間はかかると思とった」とおとぼけの軽口をたたき、事務局員が恭々しく差し出す指揮棒を手にして悠然と舞台に出て行った。役者である。

演奏が始まると、私は奈落に降り、舞台の底を見上げた。何しろ1000人もの体重が舞台にかかっている。一応補強はされていたが、間欠的にギシリと悲鳴をあげていて不気味だった。そんな風に舞台裏をほっつき歩いていたので、初日の演奏はろくに聞いていない。

終演後、阿部靖コンサートマスターに感想を尋ねると、疲れ切ったせいか言葉少ない。他方、野口幸助・事務局長は上機嫌で「今日は大フィルのお祭でんがな。お祭りは無事故で、賽銭が上がればよろし」と雄弁で、ケムに巻かれてしまった。これまた役者だった。

そう言えば、あの時代は士が雲集し、お祭やお祭騒ぎが多かった。ヨーロッパ演奏旅行、ベートーヴェン交響曲全集発売など、いつの間にか御輿を担がされていた。大阪フィルは大阪音楽界の、関西文化の亭々たる大樹だった。あの頃を思い出すと、懐しさとともに活力が湧いてくるのを覚えるのである。(音楽・舞踏ジャーナリスト・神戸学院女子短期大学教授)

大阪フィルハーモニー交響楽団50年史』(大阪フィルハーモニー協会、1997年;pp.26)※表記は全て本文に従った。

演奏を冷静に聴けば電子オルガン(フェスティバルホールにはパイプオルガンは未設置。もっとも当時日本でパイプオルガンがある場所は教会を除けば極少数)の安っぽい音色、カタカナ発音の合唱、フレーズが作れず音色の潤いに欠ける管楽器など第1部中心に突っ込みどころ満載。しかし写真だとステージというよりホールの半分が埋まっているように見える出演者の数、しかもその殆どが作品の演奏自体初体験だったことを考えれば演奏が無事成立したのが奇跡。少なくとも指揮者、オーケストラ、声楽陣の全員が懸命に作品と向き合う様子は十分感じ取れる。第2部に入ると声楽陣の力みが取れてオーケストラとの意思疎通が幾分スムーズになり、水を打ったような静けさから雄大な響きが緊張感を保ちつつムクムクと出現する。そして「神秘の合唱」以降は全員が一気にまとまってエネルギーいっぱいの大団円。このラストだけでも一度聴く価値はあると思う。年代の割に耳当たりのいい音質。

スクロヴァチェフスキの音楽人生の頂点が初CD化

2002年4月、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(1923-2017)はNHK交響楽団に客演、ブルックナー:交響曲第4番(4月10日)と第9番(4月4日)を指揮した。きれいに階層化された奥行きの深い響きが軸の麗々しい4番。苛烈なまでの厳しい練り上げに当日客席で聴いて身体の芯を揺さぶられた9番。ともに指揮者スクロヴァチェフスキ、日本のブルックナー演奏史上の頂点といえる名演奏が繰り広げられ、当日足を運んだ聴衆、放送で接した人々の語り種となってきたが2018年1月、両曲のライヴ録音がついに発売。

「スコアにX線をかける」-インタビューで語られたこの言葉が指揮者スクロヴァチェフスキの核心。怜悧な視線で作品の設計図に迫り、楽想の変化に応じ各パートの出し入れを調整して組み上げ、強靭で立体感のある音楽を構築。その音楽は重厚長大ではなく常に瑞々しく動いた。
X線をかけた結果、設計図通りだとうまく建築できないと見るとほんの少し、だが結構大胆にメスも入れた。ブルックナー交響曲第4番はスクロヴァチェフスキ流のスパイスが見事に決まった成功例。コーダの導入部ではドラをかすかに叩いたり、シンバルをこすらせたり、晩年まで変化があった。N響との演奏はドラを採用。果たして録音でどう聴こえるか。要注目。

Bruckner:Symphony No.4&No.9

星野仙一氏ゆかりの2人の殿堂入り

2018年野球殿堂入り表彰者の発表と伝達式が15日、野球体育博物館で行われた。
プレーヤー部門は松井秀喜氏と金本知憲氏、エキスパート部門は原辰徳氏が選出。
奇しくも今月逝去した星野仙一氏と球歴で交わった金本、原両氏が揃って選ばれた。
金本氏は言うまでもなく星野仙一氏の強い働き掛けに応じて、カープからタイガースに移籍。その厳しい自己管理はナインに大きな影響を与え、星野氏とともに「タイガースを変えた男」と称えられた。
原氏はまず選手として現役晩年の星野氏と対戦。後年監督となった星野氏ともコーチ、監督の立場で相まみえた。なかでも広く知られているのが2003年に原氏がジャイアンツ監督を1度退いた際に甲子園球場で星野氏が花束を渡し、原氏を激励した場面。敵将に厚い(熱い)情を示した星野氏とそれに応える原氏の姿に心打たれた野球ファンは多いはず。
2013年にはイーグルス監督となった星野氏がジャイアンツ監督に復帰し、充実期にあった原氏と日本シリーズで対戦。大激戦の末、4勝3敗でイーグルスが勝ち、星野氏は打倒ジャイアンツと待望の日本一をセットで成し遂げた。
2人の殿堂入りを星野氏はどこかで喜んでいるに違いない。できれば伝達式にいて欲しかった。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/15/gazo/20180115s00001173171000p.html

ジャンボに何かを習うなら

ジャパンゴルフツアー通算93勝のジャンボこと尾崎将司(1947-)がジュニアゴルファー向けのレッスン会を行った。スポーツ新聞やゴルフ雑誌のネット版の報道によれば、書類選考で選んだ29人の小学生から高校生のゴルファーに対し、2人の弟とともに打席の後ろに立って指導。独特のジャンボ節でジュニアたちに基礎の大切さを説いたという。下半身や腰の動きを意識すること、すぐ球を打つことに走って結果オーライになりがちな現代の風潮に抗して素振りの重要性を話したあたりは流石。
同い年しかも同じ1月生まれで親交の深かった星野仙一氏が逝去したことを考えると現役に執念を燃やすジャンボの若々しさには驚くが、近年はさすがに衰えが顕著。予選通過どころか、18ホールすら回れず棄権することがしばしば。腰に手を当て、肩を落とし加減で脚も引きずりながら歩く姿は痛々しい。昨秋のフェニックスの中継で見た印象だとパッティングが少し決まると気持ちが乗り、いいショットに繋がる。しかし長いパットをしっかり打ってきてオーバー、その返しを外したりするとガクッときて背中が哀れな老人になってしまう。
ジャンボが参戦試合数をクラウンズ、ANA、太平洋、フェニックスくらいに絞り、コンディションを整えて望めばパッティング次第で好ラウンドの可能性はある。英断に期待したい。
ちなみにもし私がジャンボに習えるならアプローチを教わりたい。ジャンボのアプローチのタッチの妙はジョン・デーリーと双璧。

シェリングの議会図書館ライヴ【生誕100年・没後30年】

2018年が生誕100年、没後30年のヘンリク・シェリング(1918-1988)はレコード時代から日本のクラシック音楽ファンの支持を集めてきたヴァイオリニスト。シュミット=イッセルシュテットとのベートーヴェンの協奏曲、ヘブラーとのベートーヴェンモーツァルトソナタクライスラー名曲集、バッハの無伴奏は不動のベストセラー。
強い確信を感じさせる音楽運び、文字通り「鈴を振ったような」美音、細部の詰めの厳しさでバロックから近代まで難なくカヴァー。パガニーニ復興に尽力し、ヴァイオリン協奏曲第3番の蘇演はテレビ放送された。第2の故郷となったメキシコ音楽の紹介にも取り組み「スペイン、中南米リサイタル」という好アルバムを遺した。
ドイツと日本で共演した朝比奈隆さんいわくシェリングは「酒とオーバーワークで早死にした」。晩年のアルコール依存症は深刻だったらしく、上記ヘブラーとの録音以降、録音は急速に減少。またそれ以前から尊大で気難しい面があり、いわゆる腕利きのピアニストとの共演録音は多くない。
その中で異彩を放つのがグラフマンと共演したワシントン国立議会図書館ライヴ。バリバリと食いつくピアノにシェリングのテンションは上昇、ピシッと決まったなかに熱気のはらんだ弾きっぷりで聴き手をのけぞらせる。とりわけクロイツェルの恐ろしさには戦慄。
セッション録音の量と充実度からあまりライヴ録音が注目されないシェリングだが、ダブル記念年にライヴ録音を聴くことで違った顔に出会うのも面白いと思う。
http://tower.jp/item/1683344/Ludwig-van-Beethoven:-Sonatas-at-the-Library-of-Congress
http://tower.jp/item/3170307/スペイン,-中南米リサイタル<タワーレコード限定>