アフターアワーズ

山椒系ちょくの切り抜き帖

メニューイン-坂入健司郎【ストリングスのヒューマニティ】

神童から大音楽家への道程

サー・ユーディ・メニューイン(1916-1999)は約70年の音楽人生の後半、指揮活動に力を注いだ。巧みなバトンテクニックは持ち合わせず、響きが整っていない録音も多い一方、生まれ持っての音楽の核心を見抜く洞察眼から導かれた、エネルギーと包容性に富んだ音楽からは、ときに温かい空気が聴く者の身体を通り抜ける。その質感は神童ヴァイオリニストで出発したメニューインが大人の音楽家となるまでに味わった葛藤や身につけた人格的深みの反映とも言える。

交響曲からオペラ・宗教曲まで手がけた指揮者メニューイン。とりわけ心血を注ぎ、内容面でもメニューインの肉声が聴こえるのが弦楽アンサンブルの楽曲。晩年の1987年と1992年に新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮した際はヴォーン・ウィリアムズのタリスの主題による幻想曲(1987年)、バルトークのディヴェルティメント(1992年)と親交のあった作曲家が書いた弦楽アンサンブル作品の傑作をプログラムに載せた。

新日本フォルとの演奏会評が好評だったタリスの主題による幻想曲は同時期にイギリス室内管弦楽団と録音している。オーケストラのキメの細かい響きを生かしつつ、身振りの大きいメリハリがついており、哀しみと瑞々しさが混ざり合った感情の渦が聴き手を被う。なおヴォーン・ウィリアムズは2018年が没後60年。

youtu.be

スペイン国立放送交響楽団との映像

またバルトークもセッション録音(nimbus)とポーランド室内管を指揮したライヴ録音(やっと巡り逢えた至高のメニューイン : 私たちは20世紀に生まれた)を遺した。

youtu.be

ポーランド室内管弦楽団とのライヴ録音(49:30からバルトーク

弦楽アンサンブルが俊英の新しい顔を見せる

指揮の世界でもたまに神童的才能が生まれる。ロリン・マゼール(1930-2014)は代表格だが坂入健司郎(1988年生まれ)もそのひとり。13歳で指揮台に上がり、今や自ら結成した2つのプロオーケストラを率いる立場。しかも単に若くて指揮しているからえらいなんて話じゃなく、オーケストラの各パートの階層化と織り成しの妙にすぐれ、音楽の急所を論理的に透かし彫りできる稀有な存在。既に名門Altusレーベルから複数タイトルのCDを発売し、いずれもベストセラーとなっている。

そんな彼が2017年12月28日に手兵のひとつ川崎室内管弦楽団と全て20世紀の弦楽アンサンブル作品の演奏会を杉並公会堂で行う。ヴォーン・ウィリアムズのタリスの主題による幻想曲、バルトークのディヴェルティメント、シェーンベルクの淨夜。ここで弦楽アンサンブルだけのプログラムできたのは今までブルックナーマーラーの大曲などを振りこなしてきた坂入がそろそろ自身の心の声をそっと聴かせたいという気持ちの表れのはず。指揮者メニューインがそうだったように。21世紀の日本に表れた天才が形作る怜悧かつ襞のある音楽世界に耳を傾けてはどうだろう。※文中敬称略

m.facebook.com

www.youtube.comMahler:Symphony No.3;Brahms:Ave Maria;Wolf:Elfenlied/坂入健司郎(指揮) 東京ユヴェントス・フィルハーモニー

Bruckner:Symphony No.8;Debussy:Prelude a L'Apres-Midi d'un Faune/坂入健司郎(指揮) 東京ユヴェントス・フィルハーモニー

サファテ-スタンカ-鶴岡一人【「意気に感ず」を引き出す方法】

3イニングと2連投の奇跡

福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ投手は日本シリーズMVPとシーズンMVPの2冠に輝き、加えて年度球界最高の功労者に贈られる正力松太郎賞も受賞した。外国人投手として「MVP2冠」は53年ぶりと報じられた。その53年前の1964年に「MVP2冠」に輝いたの外国人投手は奇しくも福岡ソフトバンクホークスの前身、南海ホークスジョー・スタンカ氏(1931年生まれ)。

スタンカ氏は1964年、シーズン26勝(7敗)で最高勝率のタイトルを獲得。さらに阪神タイガーズとの日本シリーズ(「御堂筋対決」)の第1,3,6,7戦に先発して3勝(1敗)の活躍。文句無しの「MVP2冠」となり、ベストナインにも選ばれた。

あの人は今 南海スタンカ Joe Stanka - YouTube(1980年代半ばに日本のテレビ局の取材に応じるスタンカ氏)

サファテ投手の「2冠+α」の決め手は日本シリーズ第6戦の3イニング続投。スタンカ氏の場合、日本シリーズ第6,7戦の連続完封勝利がものをいった。しかも2勝3敗とタイガースが先に王手をかけた状況からの逆転劇だから、その鮮烈さは想像するに余りある。当時、日本シリーズでのエースの連投は普通だったが外国人投手の連投にはさすがに驚きの声があがった。対戦相手タイガースの遊撃手吉田義男氏は2008年、日本経済新聞の名物コラム「私の履歴書」で次のように回想した。

初のナイターで行われた南海との日本シリーズでは、3勝4敗で敗れた。3勝2敗と王手をかけて甲子園に戻ったが、南海・スタンカに第6,7銭で連続完封負けした。第1戦を合わせて3完封され、スタンカ一人にやられた感じだった。連投しないはずの外国人投手をどう説き伏せたのだろうか。そのあたりの人心掌握の機微を、鶴岡一人監督に伺いたかった。

-『牛若丸の履歴書』(日経ビジネス人文庫、2009年)pp.82

南海ホークスひと筋23年、史上最多通算1773勝(1140敗61分:勝率.609)をあげた鶴岡一人監督(1916-2000)は1984年に同じく「私の履歴書」で内幕を語っている。

このシリーズではスタンカが甲子園の第6,7戦で連続完封勝ちして、ファンや関係者を驚かせた。連続完封自体よりも、ローテーションにうるさい外国人投手が、完投した翌日にまた先発して完投したことが、非常に不思議がられた。

(中略)

私は投げさせる気はなかった。2勝3敗からスタンカの快投でタイに持ち込んだが、ここまでいい試合をしたのだから、最終戦はどうなってもいいというぐらいの気持ちだった。ところがコーチ連中が承知しない。主力選手も「スタンカで押すべきだ」と言う。

スタンカに聞くと、「行けるところまで行く。リリーフを用意してくれ」と言った。そうは言ったものの、リリーフ無用の完封勝ちだ。もちろん、それ相当のことはして、労に報いた。

『シリーズ私の履歴書-プロ野球伝説の名将』(日経ビジネス人文庫、2007年)pp.109,112

淡々とした述懐だが実は鶴岡監督は外国人選手が「意気に感じて」働くようシーズン前にある心配りをしていたのだ。

半世紀以上前に「お・も・て・な・し」を実践した鶴岡監督

 鶴岡監督は「私の履歴書」で外国人選手との向き合い方についてこう語った。

南海はスタンカをはじめ、ハドリ、ブルーム、ブレイザーなど、外国人選手がチームになじんでよく働いたが、なにか特別の操縦法があるかのように見られていた。しかし私は、コミュニケーションを密接にして、こちらの注文を明確にし、 働いたらそれだけの分を報いただけだった。

(中略)

選手が安心して働くためには、夫人の生活も快適にしてやることだ。アメリカで入団交渉をした時のハドリは、「私はすぐにでも日本へ行きたいが、妻と相談するまで待ってくれ」と言った。外国人は夫人を大事にするから、日本男児の感覚で接すると失敗する。

約100年前に生まれたひととは思えない先進的思考に驚く。さらに鶴岡監督はとっておきの術を持っていた。「てんぷら大作戦」だ。

選手とのコミュニケーションは密接であればあるほどいい。話し合えば通じるものが必ずある。推測するのが一番いけない。そこで私は年に二度ほど、外国人選手を夫人同伴で食事に招いた。一番喜ばれたのは、掘りごたつに入り、目の前で調理してくれる「お座敷天ぷら」だった。

座がなごんだところで、「困ったことがあれば言え」と、不安や苦痛を聞いてやる。それからおもむろに、こちらの注文を出す。

「野球に関してはアメリカが先輩である。キミらのやることは、日本人選手がみなまねをする。だから、手本になるようなプレーをしてもらわなくては困る。その代わり、働き具合によって、帰国の飛行機をファーストクラスにしてやろう。三割打てば、これだけ出してやろう」

ついでに夫人には「ご主人の収入がよくなると、あなたもうれしいでしょう」と、ご亭主にハッパをかけるようにもちかけた。もちろん、約束はしっかり守り、外国人勢には非常に喜ばれた。

昔も今も外国人の日本食1番人気は天ぷら。それでもてなし、巧みにプライドをくすぐって督励した上で夫人へのフォローもしっかり。「親分」と言われた鶴岡監督は単なる人情肌に収まらない、したたかで先を見るリーダーだった。監督時代は一早くスコアラーを置いて「データ野球」の先駆けとなり、外国人選手から得た大リーグ情報にヒントを得てファームの充実に務めた。監督退任後は少年野球のレヴェル向上、組織の近代化に手を貸している。

2017年シーズン、サファテ投手は夫人の事情で一時帰国した。球団とナインは快く受け入れ、離脱中のチームは着実に勝ち星を重ねた。この「配慮」がサファテの気持ちを強くし、日本シリーズでの熱投に繋がったと思う。昔も今も「意気に感ず」は同じ。

〔参考文献〕

浜田昭八『監督たちの戦い[決定版]・下』(日経ビジネス人文庫、2001年)

【ピアニストが真っ黒焦げ!?】2018/2「東京ピアノ爆団・第3回」ポスター+PV公開

クラシックコンサートポスターの「常識」を吹き飛ばす

先般のブログで指揮者の水野蒼生が主宰する新感覚、かつ正攻法のクラシックピアノライヴパフォーマンス「東京ピアノ爆団」を取り上げた。 

choku-tn.hatenablog.com

公演を約2ヶ月後に控え、webポスターが登場。絵柄はこちら。

何ともオドロキの1枚。モデルは出演ピアニストの三好駿。かつて井上道義さんが演奏会ポスターで見せた「変顔」以来、いやそれ以上の衝撃。

綺麗なビジュアルと自身の言葉でスタイリッシュに仕上げたPV

水野はO.E.T旗揚げ以来、PV制作で知名度向上とファン獲得を図ってきた。クラシックアーティストのPR動画というと「カメラに向かっての意気込み披露」程度がまだまだ目立つなか、水野は自身の創意工夫でひとの心にチクッとくるPVを作る。今回の「東京ピアノ爆団」第3回のPVも第2回の映像に水野自身のナレーションを入れた、簡素だが動的でしかも音楽に対する謙虚さの覗える内容。

 公演までの約2か月が待ち遠しい。

twitter.com

www.instagram.com

My Favorite Things:ハイフェッツのシューベルト【没後30年に寄せて】

2017年12月10日

ヴァイオリンの帝王、ヤッシャ・ハイフェッツ(1901-1987)の没後30年の命日。晩年の15年間引退生活だったので「昔の音楽家」と思われがちだが、実際はほぼ20世紀全体を生き抜いた。無敵のテクニック、音色のパレットの豊かさ、品の良いポルタメント、スピード感と雄大なスケールが併存する構成美、そして手がけた大量の編曲(ペンネームでポピュラーソングまで書いた)。「演奏の20世紀」の頂点に立つヴァイオリニストだった。また2017年はロシア革命100周年だが革命に伴ってアメリカへ移ったハイフェッツアメリカデビュー100周年でもある。この途上、日本に立ち寄って観光した。

歪んだ日本のハイフェッツ受容

ハイフェッツは1923年に初めて公演ツアーのため来日。関東大震災直後の東京では野外慈善演奏会を決行、来日途上の船内公演と合わせて5,800円(現在の価値にすると約290万円)を集めた。日本で著名音楽家が大規模に催した恐らく初の慈善公演で後の世の範となった。戦後は1953年に来日している。

全盛期から60年を経てなおハイフェッツの主要録音は日本のカタログにしっかり残っている。しかしひと昔前の日本の文献見るとハイフェッツの演奏について「冷たい」「空虚な技」「精神性に乏しい」と貶した文面をしばしば見掛ける。これは「ポストハイフェッツ」と言われたアイザック・スターンに対しても同様。どうやら日本のある世代の評論家はアメリカに居を構えるテクニックに秀で、輝かしく強靭な音楽を奏でる演奏家に屈折した感情を抱いていたみたい。焼け跡の記憶生々しい連中にとってハイフェッツ、スターンの演奏はあまりに眩し過ぎ、正面から受け止めるのは辛かったのだ。気持ちは分からなくもないがこういう連中のせいでハイフェッツ、スターンの戦後日本における受容は歪んでしまった。

シューベルトに漂う孤独と寂しさ

60歳以降ハイフェッツ室内楽に力を入れ、多くの録音を遺した。その中で個人的に印象深いのは1968年9月に収録されたシューベルトのヴァイオリンとピアノのための幻想曲ハ長調D.934(op.159)。

www.youtube.com

冒頭から背筋の寒くなる寂寥感がハイフェッツのヴァイオリンを覆っており、比類なき美音なのに胸がズキズキ痛む。音楽全体の設計はシャープなのでなおさら哀切が際立つ。2011年制作のハイフェッツのドキュメンタリー「神のヴァイオリニスト」の終盤は彼の「孤独さ」の描写に時間を割くが、ほじくり返さずともこのシューベルトに彼の心の内が吐露されている。

こういう演奏をするヴァイオリニストを「冷たい」「空虚な技」「精神性に乏しい」と断じたかつての日本の音楽評論家は聴覚障害者もしくは感性が腐っていたのだろう。私はハイフェッツに関する論調から早い段階で日本の音楽評論家は極少数の例外を除き、全く信用できないと判断した。

Jascha Heifetz - The Complete Stereo Collection<完全生産限定盤>

「神のヴァイオリニスト ヤッシャ・ハイフェッツ」

Heifetz in Performance - Mozart, Prokofiev, Debussy, Rachmaninov, etc

12/8服部龍二『佐藤栄作』刊行【「戦後最長不倒宰相」の初の本格評伝】

池田勇人田中角栄の人気の影で

戦後最も長期間(2798日)首相の座にあり、日韓国交正常化や小笠原諸島と沖縄の返還を成し遂げ、1970年大阪万博も成功させ、退任後にノーベル平和賞を受賞した佐藤栄作(1901-1975)。在任期間の長さ、業績の数々、功罪相半ばの存在感、どの面から見ても戦後日本政治外交史にそびえたつ首相と言える。ところが佐藤内閣の政策についての論考は多くあるが佐藤栄作そのひとに関する著作は少ない。前任の池田勇人、後任の田中角栄関連書籍の百花繚乱状態とは対照的。

過去、佐藤栄作に焦点をあてた書籍として有名なのは山田栄三の『正伝 佐藤栄作』(新潮社;1988年)。これは朝日新聞の佐藤派担当だった著者が佐藤家の協力を得て、当時未公刊の「佐藤栄作日記」(1997-1999年に朝日新聞社から刊行)にアクセスして著したいわば公式の伝記。本の性格上、佐藤栄作の卓越性をあぶり出す筆致になっているが元記者としての冷静な視点で74年の生涯を丁寧かつ起伏豊かに描いた力作。

続いて世に出たのは朝日新聞の元政治部次長、堀越作治による『戦後政治裏面史-《佐藤栄作日記》が語るもの』(岩波書店;1998年)。タイトル通り公刊された「日記」を詳細に分析して佐藤栄作の視点で戦後日本政治、自民党の歩みの実像に迫るもので四六判300ページ強の割に読み応えあった。

また佐藤栄作の意向で起用され、7年8か月首相秘書官を務めた元産経新聞記者、楠田實の日記が2001年に『楠田實日記-佐藤栄作総理首席秘書官の2000日』(中央公論新社)と題して出版。首相そして人間佐藤栄作の内面が垣間見える内容で注目を集め、同時に研究者にとっての有力1次史料となった。

以上3タイトルはいずれも新聞記者とそのOBの著作(もしくは日記)。意外にも日本政治外交史の研究者が佐藤栄作を見つめた著作は今日まで殆ど見当たらなかった。

脂の乗り切った研究者が満を持して送り出す1冊

服部龍二(1968-)は中央大学総合政策学部教授(日本政治外交史・東アジア国際政治史専攻)。1次史料の読み込みと当事者に対する聞き取りの巧みな相互連関で専門書に加え、多くの優れた一般向け書籍を著している。特に『日中国交正常化』(中公新書)は高い評価を受けた。近年は政治家の評伝執筆に取り組み、戦前の広田弘毅、戦後の田中角栄大平正芳そして存命の中曾根康弘まで手がけた。そしてついに「戦後最長不倒政権」を築いた佐藤栄作に挑む。日本政治外交史の研究者がものした初の佐藤栄作の評伝。しかも手に取りやすいソフトカバー。師走に登場した画期的な1冊。※敬称略